入浴を見るなら冬がベスト【お猿の温泉】地獄谷野猿公苑は想像以上に猿が近くておすすめ

旅行の記録

どうもひらた(@spcetim_hirata)です。
冬も真っ只中。こう寒いと温泉に入って温まりたくなるのは人間だけではないようで。
長野県の地獄谷野猿公苑では温泉に入るサルをみることができます。聞いたことはあったけど行ったことがなかったお猿の温泉。

長野県民として今回もカメラを持ってチェックしてまいりました。
予想以上にお猿さんとの距離が近いのでおすすめです。

Sponsored Link

世界で唯一、温泉に入るサルが見れる地獄谷野猿公苑

地獄谷野猿公苑は、長野県下高井郡山ノ内町にある野生のサルが温泉につかる国際的な観光地。サルは動物園でしか見れないと思ってました。しかも温泉につかってる様子なんてとても魅力的。

地獄谷野猿公苑の詳細はこちらからどうぞ(記事最後に飛びます)
より詳しい情報は下記の公式サイトをどうぞ。

>>>地獄谷野猿公苑公式HP

世界で唯一、温泉に入るサル。興味深いニホンザルの生態を、間近でご観察ください。

標高850メートルのこの地は、一年のほぼ三分の一が雪に覆われる厳しい環境です。
急峻な崖と、いたるところから立ち上る温泉の湯気、そのような光景を見た太古の人々はこの地を地獄谷と呼びました。しかし、ここはサルたちにとっては楽園。
古くからこの地にはニホンザルの群れが自然のままに暮らしています。
地獄谷野猿公苑は、1964年開苑以来、ニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる場所として、温泉に入るサルとして、広く世界中の人々に愛されています。また、多くの研究者や写真家も訪れ、数々の成果を上げています。

引用:地獄谷野猿公苑公式HP

世界で唯一なんですね。地獄谷という名前の由来もおもしろい。崖や温泉の湯気で地獄に見えていた場所が今では有名な観光地になってるから驚きです。

【注意】お湯につかるのは寒い日

お猿さんはいつでも温泉に入っているわけではないようです。
基本的には冬。冬でも太陽の出ている日は日光浴してることもあるそう。
温泉に入っていなくともお猿さんを間近で見れる楽しさはありますが、せっかくなら寒い冬に行きましょう。
天候が悪い日こそチャンスな観光地です。

【注意】冬は駐車場規制あり

地獄谷野猿公苑に一番近い駐車場は「地獄谷駐車場」ですが、冬季は駐車場またそこまでの道路が閉鎖になります。冬季は上林温泉にある地獄谷野猿公苑専用駐車場からの徒歩約30分のルートしかないようなのでご注意ください。
カーナビに住所入れるなら下記のようです。

上林温泉に向かうには以下のデータを入力してください。
上林温泉ホテル仙壽閣 TEL 0269-33-3551
住所 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏1410
又は
山ノ内町志賀高原ロマン美術館 TEL 0269-33-8855
住所 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏1465

引用:地獄谷野猿公苑公式HP

駐車場自体も大きくないですし、公共交通機関を利用した方が入苑料がセットでお得な「スノーモンキーパス」なるものもあります。詳しくは公式ページでご確認くださいませ。

>>>地獄谷野猿公苑公式HP

野猿公苑まで山道で大変!なんて道路ではないのですが、それでも冬の道路は慣れてないと危険ですしね。バス利用が安心でいいかもしれません。

駐車場から出発する前に

ぼくはマイカーで行きましたので、駐車場近辺情報を。

無料駐車場にはトイレあり

上林温泉にある野猿公苑専用駐車場にはトイレがあります。ここから地獄谷野猿公苑までは徒歩約30分で道中トイレはありませんので、こちらをご利用ください。

カフェ・ウェアレンタル店あり

「猿座カフェ」というカフェがありますので、軽食・休憩はこちらをどうぞ。

ギフトショップではブーツやコートのレンタルもありました。
長野県の寒さを甘く見て軽装できた場合はレンタル必須です。

地獄谷野猿公苑まで雪道に気を付けながら

準備が整え、出発。道は平たんな道ですが、雪道なので要注意。

地獄谷野猿公苑までは徒歩約25分

距離1.6キロ、徒歩約25分とのこと。
距離を示したユーモアある看板が何枚もあり現在地点を確認できるので安心です。

雪道に気を付けて

道は平たんですが、雪道です。しかも崖ではないですが、横はかなりの斜面。焦らずゆっくりが大切ですね。

温泉の湯気が見えてくればもう目の前です。

到着!お待ちかねのお猿の温泉

お金を払い、いざ入苑。
温泉の周りにはすでに人だかりが。

おぉ!はやく見たい!なんて思うまもなくいました、猿。目の前に。

近くで見れるなんてもんじゃない

寒そうにぼくの目の前で立ってくれました。サルが間近で見れるとは聞いてましたが、ここまで近いとは。
観光客もみんなこのサルをカメラで撮影。慣れてるのかサルもしばらく静止。さすが観光地のお猿さんですね。

エサが撒かれてるのか必死に食べるサル。

寒い日ほどゆっくり温泉にいてくれる

やっぱりサルも寒いようでゆっくり浸かってらっしゃいました。
なのにカメラが望遠でないので、アップは撮れず。いやくやしい。

この子が可愛かったです。
小さいサルも大きいサルも温泉に入ってないサルもと色々なお猿さんが自由に過ごしているので、見てて飽きません。
寒さにさえ耐えられれば、かなり長居してしまいます。

入浴サル以外の見どころ

入浴中のお猿さんを見る以外に、目の前にサルがくるドキドキ感が楽しいですが、個人的に見れてよかったのが次の二つ。

湯上りのお猿

お風呂上がりのお猿さんはえらい痩せてるようでw
ボディラインがあらわになった感じもまた可愛らしかったです。

温かい管に抱きつくお猿


温泉が流れるのかパイプにみんなくっついてました。
可愛らしかったですが、野生で生きるって大変だよな、とサルの辛さを感じた瞬間でもあります。

絶対冬に行くべき!だから防寒対策はしっかりと

いやあ、地獄谷野猿公苑、行って良かったです。温泉入ってるお猿が少し遠目からのぞけるくらいに思ってましたが、想像以上の距離感。動物園以上です。
問題は寒さですね。ホッカイロ必須です。

観光客は外国人が多く、(猿含め)なんとも多種多様な空間でした。
子どもたちがはしゃぐ姿も印象的で。
聴こえてくる英語(おそらく)も新鮮で。
これだけ海外の人がきてくれていると日本人、長野県民としても嬉しい限りです。

問題は寒さですね(二度目)
長く居たい場所ですので、温かい恰好をしてお越しください。

営業時間・アクセスなど

住所 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845
営業時間

夏季(4月~10月) 8:30~17:00

冬季(11月~3月) 9:00~16:00

入苑料 大人800円 こども400円 (2018年2月時点)
駐車場 あり
最寄り駅 湯田中駅

引用:地獄谷野猿公苑公式HP

 

旅行の記録
この記事書いた人
いで

毎週長野観光に出かけてます。その時撮った写真や動画をブログやYoutubeにUPしてます。キャンプとコーヒーが好きです。映像作る仕事してます。ご依頼もお待ちしております。

\フォローありがとう!/
\シェアありがとう!/
\フォローありがとう!/
LOGLOG(ログログ)|”ちっちゃな”非日常を楽しむ暮らしのコトのブログ|キャンプ・コーヒー・カメラ

コメント