【CAFE】驚きの栗感! 小布施のモンブランが絶品「モンブラン朱雀専門店 えんとつ」

旅行の記録

どうも、ひらたです。
前回「見た目にも楽しい三色そば 小布施で蕎麦を食べるなら「富蔵屋」がおすすめ」で訪れた長野県の小布施町ですが、こちら栗の産地としても大変有名です。

情緒あふれる町、小布施はカフェもおしゃれ。今回行った小布施堂の「モンブラン朱雀専門店 えんとつ」も雰囲気もさることながら、食べたモンブランが感動レベルにおいしかったのでご紹介いたします。

Sponsored Link

栗菓子専門店 小布施堂

小布施にある「栗菓子の小布施堂」。こちらは季節限定の栗菓子からここでしか食べられない栗菓子まで揃っているという「栗好き」にはたまらない専門店。小布施駅からも徒歩10分ほど。

栗好きなら知らない人はいないはず。小布施堂はオンラインショップもあります。
>>>小布施堂公式オンラインショップ

こちらでは秋限定で「栗の点心 朱雀」が一ヶ月限定で販売されます。全国から人が訪れ、早朝から行列ができるほどの人気商品だとか。
この秋限定の「栗の点心 朱雀」は栗の素材そのものを楽しめる栗菓子、それを洋風にアレンジした商品が「モンブラン朱雀」です。こちらは通年食べれるとのこと。
小布施堂本店の敷地内にある「えんとつ」というカフェで食べることができます。

小布施堂本宅の蔵を改装したという「えんとつ」。初めて来た人は、ここがカフェだとは気付かないほどの立派な日本家屋です。

日本らしい古風な建物と看板のギャップがまたおしゃれ。

落ち着いた雰囲気の店内

コップが少し背の低いタイプのもの。こういったセンスのよさがいいですね。
モンブランにも期待大。

モンブラン朱雀はなんと1,500円もします。いや、それだけおいしいのでしょうけど。
事前に知っておけば少しは心の準備ができましたw

お待ちかね。存在感抜群のモンブランがこちら

どーん!と出てきました「モンブラン朱雀」
この迫力が伝わるといいのですが、、、。かなりの大きさです。一般的なモンブランの2倍くらいあるんじゃないですかね。
見づらいですが隅にはチョコソースとラズベリーソースがありますので、味変も楽しめます。

一口食べて、口に広がる「栗感!」がすごいです。表面の麺状のものは栗をペーストしたもの。甘さは控えめで、栗の風味を十二分に感じられます。
栗本来の味を感じられてとてもおいしいです。
コーヒーとの相性もばっちり。とても上品なデザートだなと、小布施らしさを感じました。

ただかなりボリューミーなので、二人でひとつでも十分かも。
友人と二人で行ったのですが、1つを半分個したらよかったという結論になりましたので、注文される際は参考にしてみてください。
値段もけっこうしますしね!

朱雀コーヒーなるものも。そもそもなぜ朱雀なのか、聞いてくればよかったです。また次回ですね。

満足度は高い!朱雀モンブランお試しあれ

なかなかボリュームがあって一人でひとつは少し重たいには重たかったですが、「これぞモンブラン!」と感じる栗の風味が印象的な一品でした。
長野県民なのに長野のこと全然知らないぼくからしても「小布施堂」はよく聞く名前。
それもそのはずで全国的にも有名でした「小布施堂」

小布施堂の栗菓子はどれもおいしいので、ぜひ自分へのご褒美、友人へのプレゼントとして食べてみてください。
後悔はないはず。

>>>小布施堂公式オンラインショップ

 小布施の写真を何枚か

 実はあんまり食べた事なかった「モンブラン」
一気に好きになりました。次は期間限定の「栗の点心 朱雀」食べに来ます。

旅行の記録
この記事書いた人
いで

毎週長野観光に出かけてます。その時撮った写真や動画をブログやYoutubeにUPしてます。キャンプとコーヒーが好きです。映像作る仕事してます。ご依頼もお待ちしております。

\フォローありがとう!/
\シェアありがとう!/
\フォローありがとう!/
LOGLOG(ログログ)|”ちっちゃな”非日常を楽しむ暮らしのコトのブログ|キャンプ・コーヒー・カメラ

コメント